お肌にラッピングは苦しいだけ

 

 

「保湿ラッピング処方」

とある化粧品のキャッチフレーズ!
おぉ〜〜
確かに間違ってない市販品のラップ効果ガーン
一見、潤いを閉じ込めてラッピングしたらすごく良さそうなイメージ
そしたら乾燥肌に悩む人は減ってるはず
なんでこんなに乾燥肌に悩む人が多くなったのでしょう?
でもその「ラッピング処方」お肌に優しいですかーーー??
私も乾燥肌に悩む一人でした。
お風呂から上がったら即何かを塗らないと
粉拭き顔です・・・
手作りコスメに出会ってから乾燥肌に悩まなくなった
もちろん今のような季節はかさつきやすいので
色々工夫をしてみたりしています
過去のお肌とは、違うんです!!
自らの潤いが出せるようになったからです!
手作りコスメのスキンケアは、お肌にいる美肌菌と呼ばれている
ブドウ球菌ちゃんがいます♪
この子たちに、良質な餌を与えてるんですね
保湿もしつつ自分本来の潤いも取り戻したのです
では、市販品では何が起こるのか?
まさに「ラッピング」現象が起こっている
乳液・クリーム系に含まれる
「カルボマー」(合成ポリマー)
お肌にピッタリくっついて、
しっとり膜が張ったような感じがして
すっごい保湿されて守られてるーーーー
と思うのですが
お肌のバリア機能を壊して、水分を保つために
ビニールのような膜で蓋をするのです。
なのでしわなども伸びている感覚になります
低刺激・敏感肌でも安心
などと書いてありますが、やはり長期間使用することを考えると
バリア機能を壊し続けているわけなので
お肌本来の潤いや美肌菌たちがいなくなってしまったりして
時間をかけて知らぬ間に乾燥肌へとなってしまっているのです
保湿をしようと思って塗っていたものが
逆に乾燥肌を招いていたのですガーン
 
使うなら一時的
長く使うなら美肌菌を育てる手作り
なんちゃってではないきちんとした
「オーガニック」製品が安心ですね
手作りコスメは、
何が入っているのかが分かるのも
皆さまが安心できる点でもあります

あなた本来の美肌菌育てて、自分本来の潤い取り戻しませんか?